コラム



夏の終わりに

8月が終わろうとしてます。

“夏らしいこと”しましたか? 素麺食べましたか?(笑)

その時期を過ぎてしまうと
なかなかお目にかかる機会が無くなる食べ物はその時期に一度は食べておきたいもの。

素麺もその1つ。

夏を過ぎるとなかなか出逢えない。
というか「素麺」という単語が頭から消える感じ。

だから僕にとって夏を感じられる食べ物の1つが素麺なのです。
去年はチャンスを逃しましたが、今年はちゃんと頂きました。

良かった、良かった。

ただ、浴衣デビューは出来なかったな。
来年こそ、浴衣デビューしたい!

子供の頃はそのよさが分からなかったものってたくさんあって
浴衣もビールの苦みも茗荷の風味も、そして夏に食べる素麺もそう。

そう考えると年を重ねるって悪くない。
食べ物に問わず、色んなことを楽しめるようになる。

まだまだ自分のことを大人とは思わないけど
素敵な大人になりたい。

来年の夏、ちょっと大人に近づいた自分がいますように



放送後記

3週連続でお届けしたUstream「構康憲の音楽準備室」。
この3回の放送は7/1のワンマンライブの映像を
サポートミュージシャンとともに見ながら振り返っていくという企画でした。

初回放送は玄大君(Dr&Per)とMarikoちゃん(Cho)を
2回目はローズ高野さん(Key)を
そして昨日の3回目は村田努さん(Vo,Cho&Gu)をスタジオに迎えてお届けしました。



画像は放送を終えての僕と村田さん。

“大先輩を前にくだけ過ぎ!”

なんて言われてもう一枚撮ったんだけど、
こっちの方がいい顔してたんであえてUP!(笑)

来て下さった皆さん、ありがとうございました!

あれ、、?そういえば光豆は?(笑)
いつでも待ってるよ。

音楽の素晴らしいところは一緒に奏でることが出来るとこ。
言葉とか飛び越えて、その瞬間を共有出来るのは本当に楽しい!
スタジオでわずかな時間だけどセッションをして、その喜びを再確認しました。

音楽に限らずだけど、誰かと何かと繋がっている感覚やそれを感じれる瞬間を
見つけたとき、心が温かくなります。
そういう瞬間にたくさんめぐり逢いたいし、
願わくば生意気かもしれないけど、自分の音楽がそういう瞬間を紡ぐきっかけになれたら
なんて想います。

さて、話は変わりますが
最近ものすごくアニソンにハマってます(笑)
ここ数年のものもいいんだけど、
僕が小学生の頃見ていたアニメ主題歌をよく聞きます。

もうなんかね、かなりノスタルジー。

ここでも音楽の力を思い知らされてる。
なんて言うのかな、あの頃にタイムスリップさせてくれるというか
当時の記憶がメロディーとともに甦ってくる感じ。

いろいろ書いてきたけど、まとめると

「音楽が好き」

ってことですね。